コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明石[市] あかし

百科事典マイペディアの解説

明石[市]【あかし】

兵庫県南部の市。1919年市制。中心市街は明石海峡に臨み,江戸時代には小笠原氏10万石の城下町,山陽道の宿場町として発達。戦前は航空機・鉄鋼工業などが発展したが,戦災で大被害を受けた。
→関連項目明石藩加納藩

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あかし【明石[市]】

兵庫県南部,明石海峡に臨む市。1919年市制。人口28万7606(1995)。大阪湾の西の玄関として,また淡路島を経て四国への連絡路として古くからの要地である。また風光明美の地として知られ,江戸時代は小笠原氏10万石の城下町として栄えた。山陽本線明石駅の北に接する明石城跡は広大な明石公園となっている。駅南の旧城下町地区は第2次世界大戦の戦災でおもかげを失ったが,現在でも東播の商業の中心である。市域中部の林崎一帯は大正期に工業化が進み,西部の大久保は昭和に入って航空機をはじめ軍需工業が発達した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

明石[市]の関連キーワード兵庫県南部地震明石原人

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android