コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明石[市] あかし

百科事典マイペディアの解説

明石[市]【あかし】

兵庫県南部の市。1919年市制。中心市街は明石海峡に臨み,江戸時代には小笠原氏10万石の城下町,山陽道の宿場町として発達。戦前は航空機・鉄鋼工業などが発展したが,戦災で大被害を受けた。戦後,農機具・工業用機器の製造が盛んとなり,また播磨臨海工業地帯の一部として重工業が進出した。沿岸での冬場のノリ養殖も盛ん。大阪,神戸への通勤圏として宅地化も著しい。明石城跡明石公園,日本標準時子午線(東経135°)の標識,天文科学館がある。淡路島との間をフェリーボートが連絡,山陽本線・新幹線,山陽電鉄,明姫幹線道路が通じる。明石原人の化石の出土地。1995年1月の兵庫県南部地震では死者8人,倒壊・焼失家屋5590戸の被害をうけた。49.42km2。29万959人(2010)。
→関連項目明石藩加納藩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あかし【明石[市]】

兵庫県南部,明石海峡に臨む市。1919年市制。人口28万7606(1995)。大阪湾の西の玄関として,また淡路島を経て四国への連絡路として古くからの要地である。また風光明美の地として知られ,江戸時代は小笠原氏10万石の城下町として栄えた。山陽本線明石駅の北に接する明石城跡は広大な明石公園となっている。駅南の旧城下町地区は第2次世界大戦の戦災でおもかげを失ったが,現在でも東播の商業の中心である。市域中部の林崎一帯は大正期に工業化が進み,西部の大久保は昭和に入って航空機をはじめ軍需工業が発達した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

明石[市]の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))グリフィス石英岩ビダー牧野省三デミル(Cecil Blount De Mille)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチ三・一独立運動

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android