コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拗ける コジケル

4件 の用語解説(拗けるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こじ・ける【×拗ける】

[動カ下一][文]こじ・く[カ下二]《近世語》「こじれる」に同じ。
「つい夜は明けて床も白けてすごすごとのお帰り。かう―・けたを味にしまひし此の跡は」〈浮・禁短気・五〉

ねじ・ける〔ねぢける〕【×拗ける】

[動カ下一][文]ねぢ・く[カ下二]
ねじれゆがむ。曲がりくねる。「―・けた木の幹」
性質がひねくれる。「心の―・けた人」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こじける【拗ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 こじ・く
〔中世・近世語〕
こじれる 」に同じ。 「気負ひが抜ければ身請けが-・けて/浮世草子・禁短気」
生煮えになる。 〔日葡〕

ねじける【拗ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 ねぢ・く
物の形がゆがんだりねじれたりする。ねじくれる。 「 - ・けた木」 「八重桜は…いとこちたく-・けたり/徒然 139
心が素直でない。ひねくれる。 「心の-・けた人」 「潔きよい貴方と、-・けた私とでは、始からお話は合はんのですから/金色夜叉 紅葉

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone