コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枢密院[中国] すうみついん[ちゅうごく]Shu-miyuan; Shu-mi-yüan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

枢密院[中国]
すうみついん[ちゅうごく]
Shu-miyuan; Shu-mi-yüan

中国の官制参謀本部にあたるもの。唐代,宮中に内枢密使がおかれ,宦官に機密文書を司らせたのに始る。五代から軍政を総括する機関となり,文官が任命された。長官を枢密使といい,宋代には行政を司る中書と対立して二府と称される重要な存在となった。,元もこれを受けて枢密院をおき,軍政を掌握したが,明代にいたり廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android