コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽音寺 がくおんじ

1件 の用語解説(楽音寺の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

がくおんじ【楽音寺】

広島県豊田郡本郷町南方にある寺院。沼田(ぬた)荘開発領主であった沼田氏の創建した寺であり,現在は真言宗であるが,応永(1394‐1428)以前は天台宗であった。中世の盛時には多くの坊が立ちならんでいたというが,いまは本堂と若干のお堂が残っているだけである。楽音寺縁起によれば,天慶年中(940年代)藤原倫実(ともざね)が護持仏薬師小像の霊験で藤原純友の乱を平定し,沼田七郷を勅賜された恩に報いるため創建した寺院という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の楽音寺の言及

【本郷[町]】より

…沼田川東岸にある高山城(妻高山城)跡,西岸にある新高山城はともに国の史跡。南方(みなみがた)にある真言宗楽音(がくおん)寺は平安時代の創建と伝え,中世には小早川氏の氏寺として栄えた。その南にある同宗東禅寺はもと蟇沼(ひきぬ)寺とよばれ,楽音寺とともにかつての沼田荘の宗教的拠点であった。…

※「楽音寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

楽音寺の関連キーワード挙母沼田川南方県立広島大学院家律院子院ユアーズ勝菊千萬喜

楽音寺の関連情報