横越[町](読み)よこごし

百科事典マイペディア「横越[町]」の解説

横越[町]【よこごし】

新潟県中部,中蒲原郡の旧町。1996年11月1日に横越村から町制。阿賀野川左岸に位置する。越後平野中央部にあって米作を中心とし,近年はチューリップの球根栽培も盛んになっている。周辺の高速交通体系の整備に伴って工業団地や宅地造成が進み,人口が増加している。阿賀野川岸に近世,越後の大地主であった伊藤家の旧邸(面積約3万m2)が,北方文化博物館として公開されている。2005年3月新津市,白根市,豊栄市,中蒲原郡小須戸町,亀田町,西蒲原郡岩室村,西川町,味方村,潟東村,月潟村,中之口村と新潟市へ編入。23.62km2。1万1402人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「横越[町]」の解説

よこごし【横越[町]】

新潟県中部,中蒲原郡の町。人口1万0009(1995)。1996年町制。阿賀野川下流西岸の沖積地にあり,かつては横越島と呼ばれ,亀田水郷の中島であった。沢海(そうみ)は近世に新発田(しばた)支藩が置かれた地で,阿賀野川の河岸町としても栄えた。在の中心集落横越は1875年完成の横雲橋(現,永久橋)のたもとにあり,交通の要衝として発達した。洪水の常襲地であったが,享保年間(1716‐36)以降の阿賀野川改修工事の結果,蒲原穀倉地帯の中心となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android