コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


らく

中国、河南省西部を流れる黄河の支流洛水、またはその北岸にあった古都洛陽(洛水の北の意)の略称。転じて都の意となり、日本では京都の異称として用いられ、京洛、洛中や洛内(京都の市街地)、洛外(京都の市街地の外側)、上洛、下洛などの語もある。また、中国で東西の都である洛陽と長安を東京、西京と対称したところから、日本でも古くは京都の東の京(左京)を洛陽、西の京(右京)を長安とよぶ例もあった。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

洛の関連キーワード和歌山県東牟婁郡那智勝浦町浜ノ宮ロンメン(竜門)峡ターリー(大茘)県フォーマルハウト洛南タイムス露の五郎兵衛ナクトンガンルオ(洛)河補陀洛渡海洛水・雒水双林寺義亮京猫一斑護王神社終南浄寿橋本径亮イフラク藤原佐理河図洛書黒木売り山本桃谷

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洛の関連情報