コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滴り/瀝り シタタリ

デジタル大辞泉の解説

した‐たり【滴り/×瀝り】

滴ること。また、滴るもの。しずく。
苔(こけ)などを伝わって落ちる水滴。 夏》「―の思ひこらせしとき光る/汀女

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

滴り/瀝りの関連キーワード世界の神話にみる万象の起源ヴァイセンベルク効果トリクルダウン理論基本的人間ニーズミルクグロット「憫農」李紳ヘリクタイトギガンテスエリニエス滴り・瀝りエリニュス泉(湧泉)松岡 貞総メドゥサ伊奘諾尊わしが國ドロップ磤馭慮島雨垂れ後引き

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android