コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牡丹雪 ボタユキ

デジタル大辞泉の解説

ぼた‐ゆき【×丹雪】

ぼたんゆき」に同じ。

ぼたん‐ゆき【×牡丹雪】

雪の結晶が多数付着し合い、大きな雪片となって降る雪。ボタン花びらのように降るからとも、ぼたぼたした雪の意からともいう。綿雪。ぼた雪 春》「過ぎゆきし指や瞼(まぶた)や―/楸邨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼたんゆき【牡丹雪】

ボタンの花びらのように大きな雪片となって降る雪。多数の雪の結晶が付着しあったもの。ぼたゆき。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牡丹雪
ぼたんゆき

牡丹の花びらのように大きな雪片(せっぺん)として降る雪。冬の始まりや終わり、あるいは暖地で降る雪は、雪結晶が数個から数百個からみ合って雪片をなして降ることが多い。このなかでもとくに大きな団子状の雪片を牡丹雪という。大きさは数センチメートルであるが、ときには直径10センチメートルになることもある。[前野紀一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

牡丹雪の関連キーワード増上慢粉雪

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牡丹雪の関連情報