コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷雨 ヒサメ

4件 の用語解説(氷雨の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひ‐さめ【氷雨】

雹(ひょう)霰(あられ)のこと。 夏》
冷たい雨。また、みぞれ。 冬》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひさめ【氷雨】

ひよう。あられ。 [季] 夏。
晩秋・初冬の冷たい雨。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

氷雨
ひさめ

もともとは、暖候期に降る固体降水である雹(ひょう)やあられをさしていた。現在は寒候期に降る冷たい雨をいうことが多い。雨に雪が混じってみぞれになったり、雨滴が氷点に近くて雨氷現象がおきたりする。[篠原武次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

氷雨の関連情報