コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不思議 フシギ

2件 の用語解説(不思議の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふ‐しぎ【不思議】

[名・形動]《「不可思議」の略》
どうしてなのか、普通では考えも想像もできないこと。説明のつかないこと。また、そのさま。「―な出来事」「成功も―でない」
仏語。人間の認識・理解を越えていること。人知の遠く及ばないこと。
非常識なこと。とっぴなこと。また、そのさま。
「花山院とあらがひごと申させ給へりしはとよ。いと―なりしことぞかし」〈大鏡・道隆〉
怪しいこと。不審に思うこと。また、そのさま。
「明くればうるはしき女﨟に―を立て、いかなる御方ぞ、と尋ね給ふに」〈浮・五人女・三〉
[派生]ふしぎがる[動ラ五]ふしぎさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふしぎ【不思議】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「不可思議」の略〕
思いはかることのできないこと。どう考えても原因や理由などがわからないこと。また、そのさま。 「 -な現象」 「 -に思う」 「七-」 「生命の-」
思いもかけないこと。とっぴなこと。また、そのさま。 「人の嘲あざけりをもかへり見ず、-の事をのみし給へり/平家 1
(「不思議を立てる」などの形で)不審に思うこと。怪しく思うこと。 「 -を立るも断ことわりなり/浮世草子・諸国はなし 1
〘仏〙 思いはかることも言葉で言い表すこともできないこと。 「娑婆に-の薬あり、法華経なりとぞ説いたまふ/梁塵秘抄」
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の不思議の言及

【七不思議】より

…〈不思議〉は元来,仏教語〈不可思議〉の略で,思議すべからざること,つまり心で思うことも,言葉でいうこともできないようなことを指し,経典には4種,5種,10種などの不可思議がみえている。日本では〈七不思議〉という言葉は,古く嘉禎4年(1238)の奥書をもつ《諏方上社物忌令之事》に,信州諏訪大社の神威を表すものとして用いられている。…

※「不思議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

不思議の関連キーワード七不思議ミステリー玄玄神妙神変不可思議摩訶不思議霊応霊妙霊力

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不思議の関連情報