甘木[市](読み)あまぎ

百科事典マイペディアの解説

甘木[市]【あまぎ】

福岡県中部の旧市。1954年市制。南西部は筑紫(つくし)平野の水田地帯で,他は山地。甘木鉄道,西鉄甘木線,大分自動車道が通じる。中心市街は宿場町市場町として甘木千軒と呼ばれるほど繁栄,戦時中は南隣に太刀洗(たちあらい)飛行場をもつ軍都でもあった。大手のビール,タイヤ工場などが立地し,さらに工業団地造成,企業誘致が進む。柿,クズを特産。平塚川添遺跡,秋月城跡がある。2006年3月,朝倉郡杷木町,朝倉町と合併し市制,朝倉市となる。167.19km2。4万3272人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あまぎ【甘木[市]】

福岡県中部の市。1954年甘木町,秋月町と安川,上秋月,立石,三奈木金川,蜷城(ひなしろ),福田,馬田の8村が合体,市制。人口4万2702(1995)。北半は馬見山(978m)を最高峰とする山地,南半は筑後平野の北部を占め,扇状地とそれに続く筑後川中流北岸のはんらん原が広がる。旧甘木町は小石原川の谷口に甘木山安長寺の門前町として古くから発達,江戸時代には豊後街道に沿う宿場町・市場町として栄え,明治以後も農業の盛んな朝倉郡の中心をなしてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の甘木[市]の言及

【秋月】より

…1893年町制。1954年甘木町などと合体し,甘木市となった。【野口 喜久雄】。…

※「甘木[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android