稚児・児(読み)ちご

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「乳子」の意)
① ちのみご。赤子。乳児。
※二十巻本和名抄(934頃)二「赤子 老子注云赤子不害物〈和名知子〉今案云含乳之義也」
※宇津保(970‐999頃)蔵開下「内よりかづけ物〈略〉みへがさねのはかま、ちごのきぬ、むつきそへたり」
② やや成長した子ども。童児。小児。
※竹取(9C末‐10C初)「此児のかたちのけさうなる事世になく、屋のうちは暗き所なく光みちたり」
※枕(10C終)四二「いみじううつくしきちごのいちごなど食ひたる」
③ 寺院や公家、武家などに召し使われた少年。僧の男色の対象となる場合があったところから転じて、一般に男色の対象となる少年をもいう。おちご。
※宇治拾遺(1221頃)一「是も今は昔、比叡(ひえ)の山に児ありけり」 〔日葡辞書(1603‐04)〕
※霧にゆらぐ藤浪(1951)〈中山義秀〉一「もの心つく頃から、寺の稚児として育てられた」
④ 神社の祭礼・寺院の法楽などの際、天童に扮して、舞ったり行列に加わって練り歩いたりする童児。おちご。
※天理本狂言・児流鏑馬(室町末‐近世初)「かならず、頭人から児をいだいて、やぶさめのやくをする」
※俳諧・桃李(1780)桃李の巻「日はさしながら又あられ降〈几董〉 見し恋の児ねり出でよ堂供養〈蕪村〉」
⑤ 鳥「ちごはやぶさ(稚児隼)」の略。
※随筆・貞丈雑記(1784頃)一五「児隼(チゴ)はつみに同じ大サ也。鳥とらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android