種族(恒星)(読み)しゅぞく

百科事典マイペディアの解説

恒星はヘルツシュプルング=ラッセル図上でIとIIの2種族に大別される。Iは主系列星や散開星団など銀河系や渦巻銀河の渦状の腕をつくっている恒星,IIは中心部や球状星団をつくる恒星で,IはIIよりずっと若く,IIが進化の過程を終え超新星となって爆発した後の星間物質から2次的に生じたものと考えられる。1944年W.バーデがアンドロメダ銀河の観測から確立した。恒星の質量と絶対等級との関係,ケフェウス型変光星の変光周期と絶対等級の関係もIとIIで異なるので,後者から決定される銀河の距離はバーデの発見以後改訂された。さらに極端な種族II(ハロー種族とも),中間的種族II,銀河面種族,中間的種族I,極端な種族Iの五つに細分化することもある。
→関連項目銀河系

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android