コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

破天荒 ハテンコウ

デジタル大辞泉の解説

は‐てんこう〔‐テンクワウ〕【破天荒】

[名・形動]前人のなしえなかったことを初めてすること。また、そのさま。前代未聞。未曽有(みぞう)。「破天荒の試み」「破天荒な大事業」
[補説]「天荒」は未開の荒れ地の意。唐の時代、官吏登用試験の合格者が1名も出なかった荊州は人々から「天荒」といわれていたが、劉蛻(りゅうぜい)が初めて合格して「天荒を破った」といわれたという、「唐摭言」「北夢瑣言」の故事から。
文化庁が発表した平成20年度「国語に関する世論調査」では、「彼の人生は破天荒だった」を、本来意味とされる「だれも成し得なかったことをすること」で使う人が16.9パーセント、本来の意味ではない「豪快で大胆な様子」で使う人が64.2パーセントという逆転した結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はてんこう【破天荒】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「北夢瑣言」 「唐摭言」による。唐代に荊州から進士の合格者が出ず「天荒」(文明未開の荒地)と呼ばれたが、劉蛻が初めて合格して、天荒を破ったと称したことから〕
今までだれもしたことのないことをする・こと(さま)。未曽有みぞう。前代未聞。 「 -の大事業」 「 -な冒険譚」 「 -な試み」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

破天荒の関連キーワードこちら葛飾区亀有公園前派出所スクリューボール・コメディトリストラム・シャンディサラス・バルバディーリョ金原亭 馬生(10代目)古今亭 志ん朝(3代目)ひどい感じ 父井上光晴アニマル・ウォリアー痛快!ビッグダディ『無責任』シリーズウサイン・ボルト中田 ラケットリー トレビノ川上 音二郎若山 富三郎古今亭志ん生空中ブランコ山口かほりニコルソン伝説の教師

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

破天荒の関連情報