コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紛れ マギレ

4件 の用語解説(紛れの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まぎれ【紛れ】

ある事につけこんで、また、事の勢いで何かをすること。
「怒った―に外の芸者を買いはしまいか」〈荷風腕くらべ
他に入りまじって区別がつかなくなること。
「山かぜに桜ふきまき乱れなむ花の―に立ちとまるべく」〈古今・離別〉
他の事に心を奪われること。
「今年は―多くて過ぐし給ふ」〈・若菜下〉
心情を表す形容詞の語幹、動詞の連用形に付いて、その心情に駆られて分別を失うさまを表す。「に」を伴って副詞的に用いることが多い。…のあまり。「苦し―にうそをつく」「腹立ち―」

まぐれ【紛れ】

偶然の好運にめぐまれること。まぐれあたり。「―でトップになる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まぎれ【紛れ】

まぎれること。入りまじって見分けにくいこと。 「どさくさ-」 「夕闇の道たどたどしげなる-にわが車にてゐて奉る/源氏 空蟬
形容詞語幹・動詞の連用形の下に付いて、感情の勢いに押されて、事の見さかいがつかなくなるさまを表す。「に」を伴って副詞的に用いる。あげく。あまり。 「腹立ち-にけとばす」 「苦し-に大声を出す」 「激した-に如彼ああは云つたけれどね/魔風恋風 天外
乱れ。ごたごた。 「閑院の内裏焼けたる-より/増鏡 内野の雪
心が他のことに引かれること。 「昔物語などせさせて聞き給ふに、少しつれづれの-なり/源氏 明石
他の事に入りまじって起きる思いがけないこと。まちがい。 「ふとしも、あらはならぬ-ありぬべし/源氏 若菜下
[句項目]

まぐれ【紛れ】

思いがけず、ある結果になること。多くよい結果になることについていう。偶然。 「 -で合格する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紛れの関連キーワード雲助根性決河の勢い酢につけ粉につけ破竹の勢い筆勢日の出の勢いポケコン奔馬コンマン透き

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紛れの関連情報