コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜骨(薬) りゅうこつ

百科事典マイペディアの解説

竜骨(薬)【りゅうこつ】

漢方薬の一つ。ゾウなどの大型脊椎動物の化石の骨,角,歯などからなる。古来,中国や日本の本草学で各種神経症状に対する鎮静作用が珍重された。竜骨を含む漢方処方として今日でも用いられるものに柴胡竜骨牡蠣湯(ぼれいとう)があり,のぼせ症,不眠,精神不安,夜驚症めまいなどに用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

竜骨(薬)の関連キーワードギガントピテクス

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android