笑う(読み)ワラウ

  • わら・う〔わらふ〕

デジタル大辞泉の解説

[動ワ五(ハ四)]
喜び・うれしさ・おかしさ・照れくささなどの気持ちから、顔の表情をくずす。また、そうした気持ちで声を立てる。「腹を抱えて―・う」「目だけが―・っている」
(「嗤う」とも書く)あざけりばかにする。嘲笑(ちょうしょう)する。「一円を―・う者は一円に泣く」「間の抜けた失敗をして―・われる」
(「笑ってしまう」「笑っちゃう」の形で)あまりひどくて、相手にするのもばかばかしいほどである。「何でも知っていますというあの態度は本当に―・っちゃうね」
花のつぼみが開く。また、果物が熟して裂ける。「栗が―・う」
春になって、芽が出たり花が咲いたりして、明るいようすになる。俳句など、文学的表現に用いる。「山―・う」
ゆるんだりほどけたりする。ほころびる。また、足取りがしっかりしなくなる。「歩き疲れて膝が―・う」
[可能]わらえる
[下接句]今泣いた烏(からす)がもう笑う鬼が笑う最後に笑う者が最もよく笑う泣いても笑っても膝(ひざ)が笑う目糞(めくそ)鼻糞を笑う山笑う来年の事を言えば鬼が笑う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笑うの関連情報