笑う(読み)ワラウ

デジタル大辞泉「笑う」の解説

わら・う〔わらふ〕【笑う】

[動ワ五(ハ四)]
喜び・うれしさ・おかしさ・照れくささなどの気持ちから、顔の表情をくずす。また、そうした気持ちで声を立てる。「を抱えて—・う」「目だけが—・っている」
(「嗤う」とも書く)あざけりばかにする。嘲笑ちょうしょうする。「一円を—・う者は一円に泣く」「間の抜けた失敗をして—・われる」
(「笑ってしまう」「笑っちゃう」の形で)あまりひどくて、相手にするのもばかばかしいほどである。「何でも知っていますというあの態度は本当に—・っちゃうね」
花のつぼみが開く。また、果物が熟して裂ける。「栗が—・う」
春になって、芽が出たり花が咲いたりして、明るいようすになる。俳句など、文学的表現に用いる。「山—・う」
ゆるんだりほどけたりする。ほころびる。また、足取りがしっかりしなくなる。「歩き疲れて膝が—・う」
[可能]わらえる
[下接句]今泣いたからすがもう笑う鬼が笑う最後に笑う者が最もよく笑う泣いても笑ってもひざが笑う目糞めくそ鼻糞を笑う山笑う来年の事を言えば鬼が笑う
[類語]微笑む笑む笑い飛ばす笑い崩れる笑いける笑い転げる笑いさざめく嘲笑あざわら薄笑うせせら笑う吹き出すほくそ笑むにこつくにたつくにやつく若気にやけやに下がる相好を崩す腹の皮をよじ腹の皮を腹を抱える御中おなかを抱えるおとがいを解く目を細める一笑に付す冷笑嘲笑失笑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android