コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹(き)出す/噴(き)出す フキダス

デジタル大辞泉の解説

ふき‐だ・す【吹(き)出す/噴(き)出す】

[動サ五(四)]

㋐(吹き出す)風が吹きはじめる。「秋風が―・す」
㋑こらえきれずに笑いだす。「おかしくて、つい―・す」
㋒内にあるものが勢いよく外に出る。「血が―・す」「汗がどっと―・す」
㋓草木の芽が勢いよく出る。芽吹く。「若芽が―・す」

㋐(吹き出す)笛などを吹きはじめる。「フルートを―・す」
㋑(吹き出す)自慢話などをはじめる。「ほらを―・す」
㋒吹いて外に出す。「タバコの煙を―・す」
草木が勢いよく芽を出す。「が芽を―・す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

吹(き)出す/噴(き)出すの関連キーワードアワブキ(泡吹)イオンロケット噴射推進器船惑星間磁場酸欠空気水素電極噴霧乾燥レジスタ太陽風噴霧器頬筋

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android