綾[町](読み)あや

百科事典マイペディアの解説

綾[町]【あや】

宮崎県中部,東諸県(ひがしもろかた)郡の町。大淀川の支流綾北川綾南川の中流域を占め,山林原野が多い。合流点付近にある主集落は肥後(熊本県)に通じる街道の要地であった。カヤ材の碁盤,紬(つむぎ),陶器,竹細工などの伝統工芸が盛ん。95.19km2。7224人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あや【綾[町]】

宮崎県中部,東諸県郡の町。人口7419(1995)。宮崎平野西端に位置する。古くは肥後に通じる街道の要地で,亜椰(あや)駅が置かれた。近世を通じて薩摩藩領に属した。中央部を大淀川水系の綾南川,綾北川が北西から南東へ貫流し,合流点付近に中心地の南俣がある。西部の山地には国有林を主体に山林が広がり,古くから林業が盛ん。主要産業は農業で,畜産をはじめ,野菜,米,タバコ,ミカンなどを産する。近年製造業を中心に第2次産業が伸びており,つむぎ,陶芸,竹刀などの伝統工芸も盛ん。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android