コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

い【胆】

きも。胆嚢(たんのう)。「熊の

たん【胆】

肝臓。きも。
からだの中で、勇気や度胸の生じるもとと思われているところ。きもったま。
「世に骨無き人は多く―有る人は稀なれば」〈露伴・風流魔〉

たん【胆〔膽〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]タン(呉)(漢) [訓]きも
内臓器官の名。六腑の一。「胆汁胆石胆嚢(たんのう)臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
どっしりと落ち着いた精神力。きもったま。「胆力剛胆小胆大胆放胆落胆
心の底。本当の気持ち。「肝胆魂胆
[難読]海胆(うに)熊の胆(い)竜胆(りんどう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

胆の関連キーワード内視鏡的逆行性胆管・膵管造影法胆道ジスキネジーデヒドロコール酸胆嚢炎・胆囊炎総胆管拡張症総胆管結石症肝外胆管癌肝内胆管癌伊登志別王胆管細胞癌胆管拡張胆道がん胆管がん胆汁色素肝吸虫症ユウタン品川玄湖臥薪嘗胆胆石症総胆管

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胆の関連情報