コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小胆 ショウタン

デジタル大辞泉の解説

しょう‐たん〔セウ‐〕【小胆】

[名・形動]気が小さいこと。度胸がないこと。度量が狭いこと。また、そのさま。小心。「優柔で小胆な男」⇔大胆

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうたん【小胆】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
気が小さいこと。度量の狭いこと。また、そのさま。 ↔ 大胆 「 -な隊長」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小胆の関連キーワード嘆・丹・単・反・單・嘆・坦・憚・憺・担・探・擔・旦・歎・淡・湍・湛・炭・疸・痰・短・站・端・箪・簞・綻・緞・耽・胆・膽・蛋・誕・譚・貪・鍛小関三英度量隊長小気度胸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android