草津(町)(読み)くさつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草津(町)
くさつ

群馬県西部、吾妻郡(あがつまぐん)にある温泉町。1900年(明治33)町制施行。白根火山(しらねかざん)東斜面中腹の温泉町が中心。西部は長野県に接する。ほぼ全域が標高1000メートル以上の高地で、年平均(8℃)、月別平均気温は北海道札幌によく似ている。山林、裸地が多くて耕地は少ない。かつての白根(しらね)、万座(まんざ)の両硫黄(いおう)鉱山は、公害防止に端を発した石油化学工業副産物の回収硫黄に押されて1971年(昭和46)閉山。湯川(ゆかわ)の酸性中和工場は、須川(すかわ)、吾妻川の水質改善に寄与している。草津温泉、草津熱帯園、草津国際スキー場もあり、湯の花が名産。また、白根火山一帯は上信越高原国立公園に含まれている。町への観光客は年間269万人(2008)に及び、就業人口の90%近くが観光・サービス関連産業に従事している。面積49.75平方キロメートル(境界一部未定)、人口6518(2015)。[村木定雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草津(町)の関連情報