菊池[市](読み)きくち

百科事典マイペディアの解説

菊池[市]【きくち】

熊本県北部の市。1958年市制。阿蘇外輪山西麓から熊本平野北部にまたがる。菊池川に臨む中心市街の隈府(わいふ)は中世藤原則隆が菊池氏を称してのち,その城下町となり,政治の中心が熊本に移るまで九州の京都といわれたほど繁栄した。米作,畜産,野菜栽培を中心に養蚕,花卉(かき)栽培も行われ,カスミソウは全国一の生産量を誇る。シイタケほかの林産物も多い。工業は南部の森北工業団地に企業進出がみられるなど,輸送機器,電機を中心に振興が図られている。菊池神社など菊池氏の史跡に富む。1954年開発の菊池温泉,阿蘇くじゅう国立公園に属する菊池渓谷,桜・ツツジの名所菊池公園などがある。2005年3月菊池郡七城町,泗水町,旭志村を編入。276.85km2。5万194人(2010)。
→関連項目隈府

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きくち【菊池[市]】

熊本県北部の市。1958年市制。人口2万7987(1995)。阿蘇外輪山の北西麓から菊鹿(山鹿)盆地の東部にまたがり,菊池川とその支流迫間(はざま)川が貫流する。中心の隈府(わいふ)は中世に九州に威を張った肥後の豪族菊池氏の本城があった所で,一時は〈西の京都〉と呼ばれるほど栄えた。近代になって交通の幹線からはずれさびれたが,1954年菊池温泉(単純泉,43~48℃)を掘りあててから商店街も活気を帯びてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の菊池[市]の言及

【隈府】より

…熊本県菊池市の中心地区。旧菊池郡隈府町。…

※「菊池[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android