著(漢字)

普及版 字通「著(漢字)」の解説


常用漢字 11画

(旧字)
13画

[字音] チョ・チャク
[字訓] つく・つける・あきらか・あらわす・いちじるしい

[説文解字]

[字形] 形声
声符は(者)(しや)。(と)・書の字の従うところで、呪符としての書を埋めて、邪霊の侵入を防ぐ垣、その呪符の文を書という。その書によって、呪的な力をそこに附著させるので、「著(つ)く」のとなる。その呪力が著明であることから顕著の意となり、著作の意となる。着と同字であるが、その慣用を異にするので、いま着(ちやく)と項目を別にして扱う。〔説文〕には未収。〔広雅、釈詁四〕に「らかなり」、〔玉〕に草の名とする。著作の字にを用いることがあるが、それは匙(しちよ)の字。秦・漢の碑銘にの字がみえている。

[訓義]
1. つく、つける、身につける、そえる、ほどこす。
2. めだつ、あらわれる、あきらか、あらわ。
3. いちじるしい、しるし。
4. あらわす、かきしるす。
5. さだめる、ひさしい、おく、たくわえる。
6. (ちよ)と通じ、門の間、にわ。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕 キル・ツク・ハク・アラハス・シルス・クル・ワタイル 〔字鏡集〕 ケガル・アラハス・アキラカナリ・ツラヌク・アツマル・シルシオケリ・ノブ・ツクル・シルス・クルフ・キル・トドマル・ハシ・ハク・キタル・ハウ・ツク・ワタイル

[語系]
tia(都)taは声義近く、をめぐらしたところは。その中には呪符としての書を著けて、呪力を附著する。その呪力の著明であることをまた著という。(章)・(彰)tjiangにもまた彰明の意がある。

[熟語]
著衣・著意・著花・著眼・著脚著屐・著実・著手・著色・著心・著想・著地・著底・著・著・著筆・著粉著鞭・著目・著落・著力・著安・著位・著見著稿・著作・著式著述・著書・著称・著姓・著積著績・著節・著説・著著然・著定・著白著聞・著密著名・著明・著令・著録・著論
[下接語]
遺著・合著・旧著・共著・顕著・雑著・自著昭著・章著・彰著・拙著著・編著名著・明著・論著

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android