コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西の湖 ニシノウミ

3件 の用語解説(西の湖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にし‐の‐うみ【西の湖】

富士五湖の一、西湖(さいこ)の旧称。

にし‐の‐こ【西の湖】

滋賀県中央東部、琵琶湖東南岸にある湖。愛知(えち)川南岸にできた大中之(だいなかの)湖干拓地造成の際、干拓されずに残った部分。北西端からは長命寺(ちょうめいじ)川が流出して琵琶湖に注ぐ。葭(よし)の生産のほか淡水での真珠養殖が行われている。周辺の集落とともに水郷として重要文化的景観に指定。東に安土城趾のある安土山(標高199メートル)が位置する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西の湖
にしのこ

滋賀県の琵琶(びわ)湖南東岸にある内湖。近江八幡(おうみはちまん)市にある。かつて琵琶湖には多くの内湖があったが、大部分は干拓によって消滅した。西の湖は、いまも淡水真珠の養殖や葭(よし)(アシ)の産地として生き続け、近江八幡城下町と一体になった水郷風景は多くの観光客を集めるが、一方では湖水の汚濁が問題になっている。2006年(平成18)には「近江八幡の水郷」として国の重要文化的景観に選定され、2008年10月には「琵琶湖」の拡大登録としてラムサール条約登録地に追加された。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西の湖の関連キーワード湖東焼武奈ヶ岳野洲滋賀滋賀県大津市打出浜近江〈町〉滋賀県大津市堅田滋賀県大津市黒津びわ〈町〉米原〈町〉

西の湖の関連情報