コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

規制基準[公害] きせいきじゅん[こうがい]

1件 の用語解説(規制基準[公害]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

規制基準[公害]
きせいきじゅん[こうがい]

公害防止のため,各発生源に対して,汚染物質の排出,騒音・振動の発生,地下水の汲み上げなどを法的に規制するための基準。法令により,操業停止などの行政上の措置や罰金などの刑罰を科する刑法上の措置が伴う。環境基本法(→公害対策基本法)21条は,政府に対して,公害防止を行なうため,大気汚染水質汚濁土壌汚染または悪臭の原因となる物質の排出,また騒音,振動,地盤沈下の原因となる行為などについて規制の措置を講じることを義務づけている。これをうけて,(1) 大気汚染については,大気汚染防止法道路交通法道路運送車両法電気事業法ガス事業法など,(2) 水質汚濁については,水質汚濁防止法海洋汚染防止法下水道法廃棄物の処理及び清掃に関する法律河川法毒物及び劇物取締法水道法など,(3) 土壌汚染については,「農用地の土壌の汚染防止等に関する法律」など,(4) 騒音,振動については,騒音規制法振動規制法,道路交通法,道路運送車両法など,(5) 地盤沈下については,工業用水法,「建築物用地下水の採取の規制に関する法律」など,(6) 悪臭防止については,悪臭防止法,「化製場等に関する法律」などが,規制基準を設けている。規制の方法としては,濃度規制,総量規制,施設設置の義務づけ,原料使用の規制などがある。なお政府には,新しい公害の発生,あるいは従前の規制値では公害の防止が困難な場合には,常に規制基準の新設や改訂を行なう義務がある。東京都では,「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」で「規制基準を定めていないものについては,人の健康又は生活環境に障害を及ぼすおそれのない程度」と,補完的規定をおいている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone