豊浜(読み)とよはま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊浜(広島県)
とよはま

広島県南部、豊田郡(とよたぐん)にあった旧町名(豊浜町(ちょう))。現在は呉市(くれし)の一地区。瀬戸内海の豊(とよ)島、大崎下(おおさきしも)島の西部、尾久比(おくび)島、斎(いつき)島からなる。旧豊浜町は1969年(昭和44)町制施行。2005年(平成17)呉市に編入。ミカン栽培と、タイなどの沿岸漁業を主とし、漁家の子弟を預かる学寮がある。豊島の南西海面は県鳥アビが飛来し「アビ渡来群游海面(あびとらいぐんゆうかいめん)」として国の天然記念物に指定されている。アビが飛来する所は魚群がいるので、古来漁民が保護してきた。豊島と大崎下島とを結ぶ豊浜大橋が1992年(平成4)に完成した。大崎下島の大浜地区にある大岐神社のムクの巨木、豊島北部にある室原神社のホルトノキの群叢(ぐんそう)は県の天然記念物に指定されている。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊浜の関連情報