コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郡家[町] こおげ

2件 の用語解説(郡家[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

郡家[町]【こおげ】

鳥取県東部,八頭(やず)郡の旧町。私都(きさいち)川と八東(はっとう)川の流域にまたがる。因美線,若桜(わかさ)鉄道の分岐点。二十世紀ナシを多産。久能寺焼は有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こおげ【郡家[町]】

鳥取県東部,八頭(やず)郡の町。人口1万0010(1995)。中央を千代川支流の私都(きさいち)川が流れ,町の西端で八東川と合流,合流点以東には河岸段丘が発達している。中心集落の郡家は郡行政の中心で政府出先機関が集中する。郡家駅でJR因美線から若桜鉄道線が分岐し,町の中心地区を国道29号線が貫通する。農業を基幹産業とし,沖積低地での米作,山麓での御所柿,二十世紀梨の果樹栽培が行われる江戸時代に池田藩の奨励で発達した久能寺(因久山)焼の伝統工芸があり,茶器,花器が生産される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

郡家[町]の関連キーワード志戸坂峠千代川多鯰ヶ池倉吉境港鳥取三沢はっとう小林義晴山本慶一

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone