郡山[市](読み)こおりやま

百科事典マイペディア「郡山[市]」の解説

郡山[市]【こおりやま】

福島県中部,中通りの中央にある市。1924年市制。西部は猪苗代湖に続く山地,東部は阿武隈高地で,中部に阿武隈川が北流する郡山盆地がある。盆地中央の中心市街は奥州街道の旧宿駅で,安積(あさか)疎水による盆地の開田と,疎水の電力を利用する化学工場の立地を機に発展。古くからの製糸・絹織物産地でもあり,第2次世界大戦後は化繊・金属・電気機器工業も発達。新産業都市(1964年),郡山地域テクノポリス(1986年)に指定され,工業団地の整備が進んだ。製造品出荷額では8028億円(2003)を上げ,県内2位を占めている。東北新幹線,東北本線,東北自動車道が通じ,磐越東線,磐越西線,水郡線,磐越自動車道が分岐する交通要地で,県内では福島市に優る経済の中心地をなしている。開成山公園,磐梯熱海温泉がある。東日本大震災で,市内において被害が発生。757.20km2。33万8712人(2010)。
→関連項目磐越西線磐越東線福島[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「郡山[市]」の解説

こおりやま【郡山[市]】

福島県中部,中通り地方の中央にある市。1924年市制。人口32万6833(1995)。市域は標高250m前後の郡山盆地を中心に,東は阿武隈高地西部の丘陵地,南東端は蓬田岳(952m),西は奥羽山脈の山地から猪苗代湖畔,北端は安達太良山頂(1700m)に及ぶ。中心市街地の郡山は阿武隈川左岸の段丘上に位置する集落から発展したもので,地名は古代安積(あさか)郡の郡衙(ぐんが)があったことに由来する。近世初期は会津領であったが,1643年(寛永20)から二本松藩領となってその代官所が置かれ,奥州街道の宿場町として,また市場町として栄えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の郡山[市]の言及

【郡山盆地】より

…福島県のほぼ中央,阿武隈川中流部にある盆地。東は阿武隈高地,西は奥羽山脈に属する川桁(かわげた)・額取(ひたいどり)両山地に限られるが,北部は青田原付近で本宮(もとみや)盆地に続き,南部は郡山市と岩瀬村,須賀川市との境界付近で須賀川盆地に移行する。広義には本宮盆地から須賀川盆地までを含めることがある。…

※「郡山[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android