コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重力波(水の) じゅうりょくはgravity wave

海の事典の解説

重力波(水の)

重力を復元力とする水面を伝わる波をいう。周期が短くなり、0.1秒程度になると表面張力の効果が無視できなくなり、逆に長くなって慣性周期を越すと地球 の自転の効果、コリオリの力が無視できなくなる。重力波の性質は、波長と水深の比により深水波・浅水波・中間波に分けられる。有限振幅の非線型波はアーセ ル数Uにより分類でき、U≫1でストークス波、U≒1でクノイド波・孤立波、U≪1では周期的な波は無く段波(ボアー)だけが波形を変えない波となる。 (永田

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android