コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重力波(水の)(読み)じゅうりょくは(英語表記)gravity wave

海の事典の解説

重力波(水の)

重力を復元力とする水面を伝わる波をいう。周期が短くなり、0.1秒程度になると表面張力の効果が無視できなくなり、逆に長くなって慣性周期を越すと地球 の自転の効果、コリオリの力が無視できなくなる。重力波の性質は、波長と水深の比により深水波・浅水波・中間波に分けられる。有限振幅の非線型波はアーセ ル数Uにより分類でき、U≫1でストークス波、U≒1でクノイド波・孤立波、U≪1では周期的な波は無く段波(ボアー)だけが波形を変えない波となる。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android