コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷[村] はせ

1件 の用語解説(長谷[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はせ【長谷[村]】

長野県南東部,上伊那郡の村。人口2314(1995)。天竜川支流の三峰(みぶ)川上・中流域に位置し,東は山梨県に接する。赤石山脈北西斜面にあって,村のほぼ全域が山林・原野で占められ,三峰川流域にわずかに耕地が開かれ,集落が点在する。米作,畜産などを中心に農林業が営まれるほか,ニジマスなどの淡水魚の養殖も行われている。甲斐駒ヶ岳仙丈ヶ岳などの高峰がそびえる東部山岳地帯は南アルプス国立公園に属し,1979年には南アルプススーパー林道が開通した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

長谷[村]の関連キーワード侮辱罪インドの自動車市場名古屋市人事委員会の民間給与調査方法備品廃棄問題スコットランドびわこ学園への特別加算費2E3E竺法護侮辱罪

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone