長谷[村](読み)はせ

世界大百科事典 第2版の解説

はせ【長谷[村]】

長野県南東部,上伊那郡の村。人口2314(1995)。天竜川支流の三峰みぶ)川上・中流域に位置し,東は山梨県に接する。赤石山脈北西斜面にあって,村のほぼ全域が山林・原野で占められ,三峰川流域にわずかに耕地が開かれ,集落が点在する。米作,畜産などを中心に農林業が営まれるほか,ニジマスなどの淡水魚の養殖も行われている。甲斐駒ヶ岳仙丈ヶ岳などの高峰がそびえる東部山岳地帯は南アルプス国立公園に属し,1979年には南アルプススーパー林道が開通した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android