コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端的(読み)タンテキ

デジタル大辞泉の解説

たん‐てき【端的】

[形動]
はっきりとしているさま。明白。「不満の端的な現れ」
まのあたりに起こるさま。たちどころであるさま。「端的な効果を示す」
てっとりばやく要点だけをとらえるさま。「端的に言う」
[名]《「端」は正、「的」は実の意》正しいこと。真実。
「―を知らんと欲せば」〈沙石集・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんてき【端的】

( 形動 )
遠回しでなく、はっきりと表すさま。 「 -に言って…」 「経営内容を-に表す数字」
物事の結果が即座に表れるさま。たちどころに。 「寒熱に強くおそはれて命を-に失ひ/洒落本・花街鑑」
( 名 )
〘仏〙 物の本質。真実。 「 -を知らんと欲せば/沙石 10

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

端的の関連情報