端的(読み)たんてき

精選版 日本国語大辞典「端的」の解説

たん‐てき【端的】

[1] 〘形動〙
① まのあたりに明白であるさま。効果や結果がすばやく表われるさま。てきめん。
※正法眼蔵(1231‐53)画餠「現成のとき、現現あひ接することなく現成すべし、これ祖宗の端的なり」
※浮世草子・本朝桜陰比事(1689)五「彼山伏をめされ、此度の行力たんてきなる所殊勝千万にそんずると」 〔水滸伝‐第一回〕
② ほとんど時間をおかずに起こるさま。途端。すぐ。
※老のすさみ(1479)「荒野のはげしき風に吹きおどろかされたる端的、今まで古郷と思ひしは、ただ野に吹く風のやどりなりけりと」
③ 要点だけをとらえているさま。てっとりばやく急所をつくさま。
※どぜう地獄(1924)〈岡本一平〉二一「洽(あまねく)柔きものに抱かれたき青春の慾望、端的(タンテキ)には身を引裂き度い程の強き凝りとなって終日終夜予の肉体を悶えさせる性慾」
[2] 〘名〙 (「端」は正、「的」は実の意) 仏語。真実。第一義。ものがありのままであることなどにいう。
※道元大和尚仮名法語(1250)機関「如何是仏祖端的の心と問へば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「端的」の解説

たん‐てき【端的】

[形動]
はっきりとしているさま。明白。「不満の端的な現れ」
まのあたりに起こるさま。たちどころであるさま。「端的な効果を示す」
てっとりばやく要点だけをとらえるさま。「端的に言う」
[名]《「端」は正、「的」は実の意》正しいこと。真実。
「―を知らんと欲せば」〈沙石集・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android