コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端的 タンテキ

デジタル大辞泉の解説

たん‐てき【端的】

[形動]
はっきりとしているさま。明白。「不満の端的な現れ」
まのあたりに起こるさま。たちどころであるさま。「端的な効果を示す」
てっとりばやく要点だけをとらえるさま。「端的に言う」
[名]《「端」は正、「的」は実の意》正しいこと。真実。
「―を知らんと欲せば」〈沙石集・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんてき【端的】

( 形動 )
遠回しでなく、はっきりと表すさま。 「 -に言って…」 「経営内容を-に表す数字」
物事の結果が即座に表れるさま。たちどころに。 「寒熱に強くおそはれて命を-に失ひ/洒落本・花街鑑」
( 名 )
〘仏〙 物の本質。真実。 「 -を知らんと欲せば/沙石 10

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

端的の関連キーワードトム ウェッセルマンベーア・ホーフマンモータリゼーション自由,平等,博愛指数/指数分析オランダ美術ビオメハニカアフォリズムマシーセン知は力なりネチケット鋩子・帽子エピグラム定言的命令米国型経営世界の工場素朴実在論和歌陀羅尼不立文字社会変動

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

端的の関連情報