コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛ばす トバス

2件 の用語解説(飛ばすの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とば・す【飛ばす】

[動サ五(四)]
空中を飛ぶようにする。「模型飛行機を―・す」「風船を―・す」
何かをめがけて、手元から勢いよく放つ。「ボールを―・す」「矢を―・す」
強く吹いて、空中に舞い上がらせる。「台風で屋根が―・される」「帽子を―・す」
空中に散るようにする。はね散らす。飛散させる。「自動車が泥水を―・して通る」
手や足で攻撃やわざをすばやくしかける。「内掛けを―・す」
乗り物を速く走らせる。また、スピードを出して速く進む。「時速一〇〇キロで―・す」「前半をハイペースで―・す」
勢いよく、また、遠慮なく言う。「やじを―・す」「皮肉を―・す」
命令などが早く伝わるようにする。うわさなどが広まるようにする。「檄(げき)を―・す」「デマを―・す」
急いで派遣する。「急便を―・す」「記者を現場に―・す」
10 途中を抜かして先へ進む。間をぬく。「―・して読む」
11 中央から地方へ、または都会から辺地へ転任させる。左遷する。「地方の出張所へ―・された」
12 あったものを一時になくする。「強火で鍋のアルコール分を―・す」
13 (動詞の連用形に付いて)その動詞の意味を強める。勢いよく…する。乱暴に…する。「しかり―・す」「売り―・す」「突き―・す」
14 手の届かない所へ飛び去らせる。死なせる。
「手に持てる我(あ)が子―・しつ」〈・九〇四〉
[可能]とばせる
[下接句]羽觴(うしょう)を飛ばす檄(げき)を飛ばす口角沫(あわ)を飛ばす錫(しゃく)を飛ばす魂を飛ばす与太を飛ばす

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とばす【飛ばす】

( 動五[四] )
空中を進んで行くようにする。 「紙飛行機を-・して遊ぶ」 「口角泡を-・す」 「ボールを遠くへ-・す」 「風船が風に-・される」
自動車などを速く走らせる。 「タクシーを-・してかけつける」
途中を抜かして先へ進む。 「わからない所は-・して読む」
大声で言葉を発する。また、言い放つ。 「野次を-・す」 「デマを-・す」 「さかんにジョークを-・す」
離れた所や格の下がる部局などに移す。 「支社に-・された」
動詞の連用形に付いて、激しく…する、乱暴に…するの意を表す。 「突き-・す」 「叱り-・す」 「笑い-・す」
魂などを空に飛び去らせる。死なせる。 「手に持てる我が子-・しつ/万葉集 904」 〔「飛ぶ」に対する他動詞〕
[可能] とばせる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛ばすの関連キーワード転ばす騒がす富ます濁す濁らす捌かす吹けば飛ぶよう降らす包隠す増やす

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飛ばすの関連情報