頌する(読み)ショウスル

デジタル大辞泉の解説

しょう・する【×頌する】

[動サ変][文]しょう・す[サ変]文章や言葉で人の功績などをほめたたえる。
「我心(むね)の中には姫が徳を―・する念(おもい)満ちたり」〈鴎外訳・即興詩人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうする【頌する】

( 動サ変 ) [文] サ変 しよう・す
功績や徳を、文章や言葉にしてほめる。すばらしさをたたえる。 「我心の中には姫が徳を-・する念満ちたり/即興詩人 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android