三嘆(読み)サンタン

  • 三嘆/三×歎

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
何度もなげくこと。
大いに感嘆すること。心から感心すること。「一読―」
一人の発声に和して三人が唱和すること。「一唱―」
白河法皇がままならぬとなげいたつの事柄賀茂川の水、双六(すごろく)の(さい)、山法師

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android