コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三嘆/三歎 サンタン

デジタル大辞泉の解説

さん‐たん【三嘆/三×歎】

[名](スル)
何度もなげくこと。
大いに感嘆すること。心から感心すること。「一読―」
一人の発声に和して三人が唱和すること。「一唱―」
白河法皇がままならぬとなげいた三つ事柄賀茂川の水、双六(すごろく)の采(さい)、山法師

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

三嘆/三歎の関連キーワード当世書生気質嬬恋(村)三嘆・三歎一唱三嘆一読発声

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android