頓阿(読み)とんあ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

頓阿(とんあ)
とんあ
(1289―1372)

鎌倉末・南北朝時代の歌僧。「とんな」ともいう。俗名二階堂貞宗(さだむね)。泰尋(たいじん)、感空とも自称したらしい。若くして比叡山(ひえいざん)に上って修学し、のちに金蓮(こんれん)寺の浄阿門に入り時衆となる。その後、二条派の歌人と親交し、詠歌の実力を認められ、1315年(正和4)の『花十首寄書(よせがき)』に加わる。勅撰(ちょくせん)集では『続千載(しょくせんざい)集』に初入集し、以後の勅撰集にもあわせて46首入集。公武僧にわたり交際が広く、多くの歌会に出座、兼好、浄弁(じょうべん)、慶運(きょううん)らとともに、二条為世(ためよ)門の「和歌四天王(してんのう)」とよばれた。足利尊氏(あしかがたかうじ)・直義(ただよし)の信任を得て『高野山金剛三昧院(こうやさんこんごうさんまいいん)奉納和歌』の作者にもなり、歌壇の重鎮的存在となった。また、二条為明が撰集のなかばで没した『新拾遺集』の完成に尽力した。家集『草庵(そうあん)集』『続草庵集』、歌学書に『井蛙(せいあ)抄』、二条良基(よしもと)の質問に答えた『愚問賢註(ちゅう)』などがある。彼の歌風は二条派の正統たる温雅な歌体を継承し、当代、室町、江戸時代を通して多くの影響を与えた。
 月やどる沢田の面(おも)にふす鴫(しぎ)のこほりよりたつ明け方の空[稲田利徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android