コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭から アタマカラ

デジタル大辞泉の解説

あたま‐から【頭から】

[副]
ためらうことなく。はじめから。いきなり。「頭から文句を言う」
全く。まるで。「頭から信用しない」「頭から嫌う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あたまから【頭から】

( 副 )
(相手の気持ちや立場を全く考えず)初めから。のっけから。てんから。 「 -きめつける」 「 -疑ってかかる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

頭からの関連キーワードdiving headヘッドスライディングスリップオーバーヘッドファースト寝ても覚めてもプルオーバーヘレフォード決めてかかるかつぶし更紗フルショット打っ掛けるポロシャツ背黒鶺鴒強迫観念引き被く縮かまる目出し帽自然の数亀屋頭巾チャドル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頭からの関連情報