頭巾・兜巾・頭襟(読み)ときん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 修験道で用いる布製のずきん。大日如来の五智の宝冠を模したもので、六角の黒漆塗の小さなものを紐で額につける。また別に、不動明王の八葉の宝冠を模したものなど種々のものがある。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
② (頭巾) 上に屋根のない門柱などの上部の方錐形に作った部分。
③ 馬の部分の名。額の上部をいう。
※浮世草子・本朝諸士百家記(1709)一「其方が稚心に此馬をよくは望みて有もの哉と、ときんおしなで、しゅみの髪をとらへ」
④ 女性陰部の陰阜(いんぷ)の異称。
※雑俳・柳多留‐八八(1825)「消渇(せうかち)の灸はときんの所へすへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android