養老[町](読み)ようろう

世界大百科事典 第2版の解説

ようろう【養老[町]】

岐阜県南西部,養老郡の町。人口3万3694(1995)。揖斐(いび)川中流西岸に位置し,西部は養老山地,東部は揖斐川と支流牧田川の扇状地および多芸(たぎ)輪中の低湿地からなる。養老という地名は《続日本紀》にみえる多度山の美泉(養老ノ滝)のことによる。牧田川に臨む船附,栗笠,烏江は濃州三湊といわれ,近世初期以来河港として栄えた。古くから農業が盛んであったが,水害には悩まされ続けた。1959年の伊勢湾台風で大きな被害を受けたのを機に,農業構造改善事業が進められた結果,水稲単作から養鶏や果樹栽培,園芸などを加えた多角的農業へと一新された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android