香合(読み)こうごう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香合(こうごう)
こうごう

香を入れる蓋(ふた)付きの器。茶器のなかではもっとも小器ながら、きわめて多くの愛玩(あいがん)的資質を備え、古来茶人たちに珍重されてきた。普通は炭手前(すみでまえ)の際、客の鑑賞に供されるのであるが、炭手前が略される茶会の場合などは、香合だけを待合(まちあい)や席中に飾ることもある。換言すれば、あらかじめ香合を飾っておくことによって炭手前を省略することがある。その場合、香合は古袱紗(こぶくさ)や紙釜敷(かみかましき)などにのせて飾ることが習いとされている。香合は炉用、風炉(ふろ)用のほか、炉・風炉兼用があり、材質も陶磁器をはじめ漆器、木地(きじ)、貝、金属、竹のほかに、自然の果実を加工したものなど実に多岐にわたる。またその産地から大きく和物と唐物(からもの)に分けられる。そして用法上、炉用は練香(ねりこう)を用いるため陶磁器が、風炉用は香木を用いるため木地、漆器が、また炉・風炉兼用は貝、金属、象牙(ぞうげ)などがそれぞれ使われる。炉用の香合は、和物、唐物いずれも数量膨大であり、その形だけをみても幾百種にも上るため、これを整理選択した『形物(かたもの)香合一覧』が、1855年(安政2)に刊行された。いわゆる形物香合番付であるが、わけても賞賛された形物香合に交趾(こうち)、染付(そめつけ)、青磁などがあり、和物にも楽焼(らくやき)、仁清(にんせい)、志野(しの)、織部(おりべ)、伊賀、信楽(しがらき)などの優れたものがある。風炉用は唐物に堆朱(ついしゅ)、堆黒(ついこく)、存星(ぞんせい)、倶利(ぐり)、螺鈿(らでん)などが、また和物には蒔絵(まきえ)、鎌倉彫、一閑張(いっかんばり)などが好まれた。そして兼用香合としては、貝合(かいあわせ)などの蛤(はまぐり)や檜扇貝(ひおうぎがい)が、金属では砂張(さはり)や毛織(モール)、七宝(しっぽう)が好んで使われた。[筒井紘一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香合の関連情報