コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高瀬舟(文学) たかせぶね

百科事典マイペディアの解説

高瀬舟(文学)【たかせぶね】

森鴎外の短編小説。1916年《中央公論》に発表。高瀬舟で護送される弟殺しの罪人喜助の身の上話と,それを聞く護送役人を描き,財産観念の違いや安楽死の問題を扱っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

高瀬舟(文学)の関連キーワード高瀬舟(交通)翁草

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android