鯖を読む(読み)さばをよむ

ことわざを知る辞典「鯖を読む」の解説

鯖を読む

物を数えるとき、自分に都合のよいように数をごまかすこと。「読む」は、数える。

[使用例] 彼は健三にその寄席で聴いたしかおどりとかいう三味線の手を教えたり、またはさばを読むという隠語などを習い覚えさせたりした[夏目漱石*道草|1915]

[解] 語源については種々の説があります。①魚市で早口小魚を数えることをイサバヨミ(魚市読)といい、その。②捕獲した大量のを数えるとき、使用人がごまかすところからはじまる。③鯖は腐りやすく、急いで売りさばく必要があり、数え方もいいかげんであるところからいった。④刺鯖など二枚重ねを一連として数えたところからの転用

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「鯖を読む」の解説

さば【鯖】 を 読(よ)

物を数えるとき、実際よりごまかすことをいう。→鯖読み
※談義本・教訓続下手談義(1753)四「数とりの銭(ぜに)ざしに鯖(サバ)をよんで」
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈総生寛〉一三「通(つう)さん己(おい)らに蟹文字(よこもじ)がよめねへと思って偽(サバ)を読んじゃアいけねへぜ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鯖を読む」の解説

さば・む

一説に魚市で鯖を数えるとき、わざと急いでその数をごまかすといわれるところから》実際より多く言ったり少なく言ったりして数をごまかす。「―・んで四、五歳若く言う」
[類語]ごまかすだま欺く偽るたばかるかた誑かすはぐらかす化かす言いくるめる言い紛らす言い紛らわす言い逃れる言い抜ける言い繕う取り繕う紛らす紛らわす一杯食わすお茶を濁すけむに巻く煙幕を張る目をくらます

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android