コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黙〔默〕 モク

デジタル大辞泉の解説

もく【黙〔默〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]モク(呉) [訓]だまる もだす
声・言葉を出さない。だまる。「黙考黙殺黙視黙読黙認黙秘黙黙暗黙寡黙緘黙(かんもく)沈黙

もだ【黙】

黙っていること。
「大海(おほみ)よろこびて自ら―ある事能はずして」〈雄略紀〉
何もしないでぼんやりしていること。
「―もあらむ時も鳴かなむひぐらしの物思ふ時に鳴きつつもとな」〈・一九六四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もだ【黙】

黙っていること。 「なかなかに-もあらましを何すとか/万葉集 612
何もしないでいること。 「咲けりとも知らずしあらば-もあらむこの山吹を見せつつもとな/万葉集 3976

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

黙〔默〕の関連キーワード望月太左衛門(2代)木・沐・目・默・黙ビルゲ・ハガン吉田玄蕃(2)天使が通る日置 黙仙サイレント穴沢たみ子あずきなし岩谷山梔子能仁・能忍知切 光歳海江田信義中村尚輔あらまし天隠龍沢日置黙仙相馬黒光六帖詠草松村鬼史

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android