コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じゃ ジャ

デジタル大辞泉の解説

じゃ[接]

[接]《「では」の音変化》
前の事柄を受けて、あとの事柄が起こることを示す。それならば。じゃあ。「『私は行かない』『じゃ、僕が行こう』」
前の事柄と関係なく言葉を続けたり、話題を変えたりするときに用いる。それでは。じゃあ。「じゃ、失礼します」
[補説]「では」よりはくだけた場面に使われる。

じゃ[助動]

[助動][じゃろ(じゃら)|(じゃっ・で)|じゃ|じゃ(じゃる)|○|○]《連語「である」の音変化形「であ」がさらに音変化したもの》体言、活用語の連体形、準体助詞「の」などに付く。
断定の意を表す。…である。…だ。
「もうちと早く来るとよかったのじゃが」〈横光・蠅〉
(連体形の用法)認定する意を表す。…であると認める。
「むむ、姉ぢゃ人、これは幸ひぢゃ」〈伎・壬生大念仏〉
(疑問語を受け、下に「知らぬ」を伴って)不明の意を表す。…であるかどうか。
「どのあたりに有ることぢゃ知らぬ」〈虎寛狂・三本柱
(多く疑問語「何と」を受けて)反語の意を表す。…であろうか、いや、そうではない。
「諸侍が何とその様なさもしい事をする物ぢゃ」〈虎寛狂・雁盗人〉
(「てじゃ」「にじゃ」の形で)軽い敬意を表す。…(し)ておいでだ。→
「小春殿は二階に寝てぢゃ」〈浄・天の網島
[補説]室町後期以降の語。未然形「じゃら(じゃろ)」、連用形「じゃっ」、連体形「じゃる」の例は少ない。現代でも古風な口調や方言として、西日本を中心に「や」とも音変化して広く行われている。

じゃ[連語]

[連語]
《断定の助動詞「」の連用形に「」の付いた「では」の音変化》連語では」に同じ。「それじゃ約束が違う」
《格助詞「」に係助詞「」の付いた「では」の音変化》連語「では」に同じ。「今じゃ誰も覚えていない」
《連語「ては」の転じた「では」の音変化》連語「ては」に同じ。「そんなに飲んじゃ体に悪い」
[補説]「では」よりはくだけた場面に使われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃ

( 接続 )

じゃ

( 助動 ) ( ぢやろ(ぢやら) ・ぢやつ ・ぢや ・ぢや(ぢやる) ・○ ・○ )
〔「である」の語尾「る」が脱落した「であ」の転。中世後期以降、主として京都を中心とした関西地方で用いられる〕
体言、副詞、一部の助詞、活用語の連体形などに接続する断定の助動詞。
話し手の断定的な判断を表す。…である。 「名は県なれども、実は大なほどに郡ぢやぞ/史記抄 11
副詞を伴って疑問・質問の意を表す。…であるか。 「阿闍梨を始め三千の坊主どもを還俗させ、牛飼ひ舎人に使はうか、どうぢやどうぢやと睨めつくる/浄瑠璃・愛護若塒箱」
連体修飾語となって資格・身分などを表す。…に当たる…。…であるところの…。 「先度、おぢぢや人ののしつけを借つてきた/狂言・腥物」 〔断定の助動詞「だ」も同じ「である」から出たもので、中世末期から近世を通じて、「じゃ」が関西、「だ」が関東と、方言的対立を示して用いられ、現代に至る〕
[句項目]

じゃ

( 連語 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

じゃの関連キーワード何じゃもんじゃの木あんにゃもんにゃ藤原定長(2)じゃんけんぽんじゃんけんぽい盛岡じゃじゃ麺じゃかじゃかごじゃごじゃじゃじゃまるじゃんじゃかうじゃける神仏同体説藤原光益立三味線藤原頼業六角寂済曾我蛇足山内神社米田鉄也口三味線

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

じゃの関連情報