(読み)マタ

デジタル大辞泉「又」の解説

また【又/×亦/復】

[副]
前にあったことがもう一度繰り返されるさま。ふたたび。「あした―来ます」「いつか―お話を聞かせてください」「―失敗した」
ほかのものと同じ状態にあるさま。ひとしく。同じく。「息子も―父親と同様、学者だ」
そのものと別であるさま。「忙しいから―にしてくれ」「―の機会」
さらに別の事柄がつけ加わるさま。その上に。「秋は―収穫の季節でもある」
驚きや疑問の気持ちを表す。まったく。それにしても。「―えらい失敗をしたものだ」「―なんときれいな花だ」
[接]
事柄を並列・列挙するときに用いる。ならびに。「彼は、英もドイツ語も、―フランス語も話せる」
さらに別の事柄をつけ加えるときに用いる。その上。「おもしろいだけでなく、―役に立つ」「医者であり、―文学者でもある」
並列・列挙した事柄のうち、どれを選択してもいいときに用いる。あるいは。または。「行ってもいいし、―行かなくてもいい」
[接頭]名詞に付いて、間接であるを表す。「―聞き」「―貸し」
[類語]あまたたびたびたび何度もよくしばしばちょくちょく往往ちょいちょいしきりしょっちゅう幾度頻繁頻頻しげしげ足繁く再び重ねて再度再三再三再四再再又又又もまたもや二度と二度と再び更に且つそれにその上この上しかもあまつさえかつまたなおかつおまけに加うるにのみならずしかのみならずそればかりかそれどころかてて加えて同時にましてなおさらいわんや余計一層もっとますますいよいよよりも少しもう少しずっとなお一段いやが上に数段段違い層一層しのぐもそっと今少しぐんとぐっとうんとだいぶ余程遥かひとしおうたた尚尚なおなおなお以て更なるひときわいや増すさてはさなきだに

まった【又】

[接]また」を強めていう語。そのうえ。さらに。
「―あのさぶが身の上を言うて聞かさう」〈虎寛狂・夷毘沙門

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android