コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

又/亦/復 マタ

デジタル大辞泉の解説

また【又/×亦/復】

[副]
前にあったことがもう一度繰り返されるさま。ふたたび。「あした―来ます」「いつか―お話を聞かせてください」「―失敗した」
ほかのものと同じ状態にあるさま。ひとしく。同じく。「息子も―父親と同様、学者だ」
そのものと別であるさま。「忙しいから―にしてくれ」「―の機会」
さらに別の事柄がつけ加わるさま。その上に。「秋は―収穫の季節でもある」
驚きや疑問の気持ちを表す。まったく。それにしても。「―えらい失敗をしたものだ」「―なんときれいな花だ」
[接]
事柄を並列・列挙するときに用いる。ならびに。「彼は、英語もドイツ語も、―フランス語も話せる」
さらに別の事柄をつけ加えるときに用いる。その上。「おもしろいだけでなく、―役に立つ」「医者であり、―文学者でもある」
並列・列挙した事柄のうち、どれを選択してもいいときに用いる。あるいは。または。「行ってもいいし、―行かなくてもいい」
[接頭]名詞に付いて、間接である意を表す。「―聞き」「―貸し

まった【又】

[接]また」を強めていう語。そのうえ。さらに。
「―あのさぶが身の上を言うて聞かさう」〈虎寛狂・夷毘沙門〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まった【又】

( 接続 )
〔「また(又)」の転〕
「また」を強めていう語。さらに加えて。 「味方残らず討死、-主君知盛も大勢に取りまかれ/浄瑠璃・千本桜」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

又/亦/復の関連キーワード秋田県南秋田郡五城目町馬場目野村 又三郎(10代目)野村 又三郎(11代目)尼崎屋又右衛門(初代)島根県浜田市金城町追原市村宇左衛門(初代)山下京右衛門(2代)笠屋又九郎(2代)北小路又左衛門奥大井音戯の郷置き字・置字紀州又右衛門一噌 幸太郎佃又右衛門風の又三郎治安維持法傾城反魂香下手内匠阿部藤造加山又造

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android