コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオン交換樹脂 イオンこうかんじゅし ion-exchange resin

7件 の用語解説(イオン交換樹脂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イオン交換樹脂
イオンこうかんじゅし
ion-exchange resin

イオン交換能をもつ基を含み,架橋により不溶化された合成樹脂の総称。イオン交換樹脂イオン交換能をもつ原子団,あるいは適当な化学処理によりイオン交換能をもつ原子団に変えうる原子団をもつ単量体の重合で得られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イオンこうかん‐じゅし〔‐カウクワン‐〕【イオン交換樹脂】

分子内に可逆的にイオン交換のできる活性基をもち、溶液中の特定のイオンを吸着・回収する合成樹脂元素特定物質の分離、純水製造などに使用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イオン交換樹脂【イオンこうかんじゅし】

イオン交換を行う多孔質で水に不溶な合成樹脂の総称。陽イオン交換樹脂陰イオン交換樹脂に大別される。陰陽両方のイオン交換を行う両性イオン交換樹脂もある。イオン交換とは少し違う特殊な機能をもつキレート樹脂や酸化還元樹脂も,広義には含める。
→関連項目イオン交換機能性高分子徐放薬脱色剤

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

イオン交換樹脂

 イオン交換体とほぼ同じ意味.狭義にはイオン交換能をもつプラスチック.広義には,セルロースデキストランなどの天然の高分子に電荷をもつ原子団を導入したものも含める.イオン交換を行うために広く用いられる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イオンこうかんじゅし【イオン交換樹脂 ion‐exchange resin】

不溶性の高分子の骨格にイオン交換能のある原子団を化学結合させた合成樹脂の総称。通常20~50メッシュの球状,あるいは無定形であり,骨格高分子は橋架けにより不溶化されている。交換基の種類によって,陽イオン交換樹脂cation‐exchange resin(酸に相当する)と陰イオン交換樹脂anion‐exchange resin(アルカリに相当する)に分類される。さらにその酸性度または塩基性度によって,強酸性陽イオン交換樹脂(スルホン酸基をもつもの),弱酸性陽イオン交換樹脂(カルボン酸基,ホスホン酸基,ホスフィン酸基をもつもの),強塩基性陰イオン交換樹脂(第四アンモニウム基をもつもの),弱塩基性陰イオン交換樹脂(第一,第二,第三アミン基をもつもの)に分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

イオンこうかんじゅし【イオン交換樹脂】

水溶液中のイオンと交換できる酸性または塩基性の交換基をもつ有機高分子化合物。膜状にしたイオン交換膜もある。製塩、海水の淡水化、薬品の精製、水酸化ナトリウムの製造など、工場排水の処理、金属回収多方面に利用される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イオン交換樹脂
いおんこうかんじゅし
ion exchange resin

イオン交換作用を示す物質(イオン交換体)の一種。水に不溶性の合成樹脂で、陽イオン交換樹脂、陰イオン交換樹脂、両性イオン交換樹脂などがある。[垣内 弘]

歴史

イオン交換現象は古くから知られていたが、化学的には19世紀の初めにイギリスの土壌学者トムソンH. S. ThomsonとウェイJ. Wayが明らかにした。ある種の土壌において、カルシウムイオンとアンモニウムイオンの間で陽イオン交換がおこることをみいだし、このときの交換は当量関係があり、あるイオンは他のイオンより容易に交換するという選択性を発見した。初めは粘土物質が交換剤として用いられてきたが、1935年にアダムスB. A. AdamsとホームズF. L. Holmesらが、多価フェノールとホルムアルデヒドとを縮合させた樹脂が塩類水溶液と陽イオンを交換し、さらにアニリンやメタフェニレンジアミンとホルムアルデヒドの縮合物の樹脂粒子が硫酸基を吸着する陰イオン交換性をみいだし、その後ドイツのIG(イーゲー)社によって系統的な研究と工業的なイオン交換樹脂の製造が始まった。また同じころにアメリカのレジナス社(現在のローム・ハース社)でも研究が行われ、1941年にイオン交換樹脂としてアンバーライトAmberliteの商品名で市販された。日本でもこのころから京都大学の小田良平(1906―1992)、三菱(みつびし)化成(現、三菱化学)などがイオン交換樹脂の研究を開始した。第二次世界大戦中、アメリカ、ドイツなどで、イオン交換樹脂による水処理、人絹工場廃水からの銅の回収、キニーネの抽出精製、希土類元素の分離抽出など用途が急速に広がっていった。日本ではイオン交換樹脂を用いる海水の淡水化などが進んだ。戦後、スチレン系の強酸性陽イオン交換樹脂がローム・ハース社より発売されてスチレン系イオン交換樹脂の時代が始まり、核分裂生成物の分離、高純度純水の製造、各種の比較的高価な物質、たとえばアミノ酸や抗生物質の精製が工業的規模で行われ、またカンショ糖液の脱色、テンサイからソフトシュガーの直接製造、海水濃縮による食塩の製造などと多方面に工業的に応用されている。またイオン交換樹脂の利用技術として、膜状にしたイオン交換膜が開発されて多方面で用いられている。[垣内 弘]

構造

三次元の立体的な構造をもった高分子化合物(母体という)にイオン交換機能をもった交換基が共有結合で安定に結合し、その交換基が樹脂表面になるべく一様に分布していることが必要である。高分子母体は現在はスチレンとジビニルベンゼン(DVB)の共重合体で、DVBはスチレンの線状重合体に適当に架橋させるために用いる。[垣内 弘]

種類

母体に導入される交換基の種類によって強酸性陽イオン交換樹脂(カチオン交換樹脂ともいう)、弱酸性陽イオン交換樹脂、強塩基性陰イオン交換樹脂(アニオン交換樹脂ともいう)、弱塩基性陰イオン交換樹脂がある。そのほか特殊なものとして、特定の金属とキレート結合のできる官能基を有するキレート樹脂や、両性のイオン交換樹脂などがある。母体であるスチレンとDVB共重合体の構造は、透明でほぼ均質なゲル形(ヘテロポーラス形ともいう)と、物理的に大きな孔径をもったマクロポーラス形とに大別でき、各種交換基とを組み合わせて多数の種類の商品が市販されている。[垣内 弘]

性質

色は白、黄、橙(だいだい)、褐色、黒色など各種あり、一般に水を吸収した状態で市販されている。その粒子の大きさは大部分20~40メッシュ(粒子直径0.4~0.6ミリメートル)の不定形粒状または球状であり、前者は塊状または粒状のイオン交換樹脂を粉砕してつくったものである。含水状態での比重は1.2~1.4程度である。[垣内 弘]

製法

母体の高分子物質としては、以前は多価フェノール類とホルムアルデヒドの縮重合物が用いられていたが、1960年ごろからはすでに述べたようにスチレンとDVBの架橋共重合体が用いられている。これに種々の官能基を導入していくが、架橋度の調節はDVBの量で行う。一般にDVB含有量6~16%程度であり、標準架橋はDVB含有量8%付近のものである。
 陽イオン交換樹脂は交換基として酸性基を、陰イオン交換樹脂は交換基として塩基性基を導入したものであり、弱酸性基と弱塩基性基の両者をもったものが両性イオン交換樹脂である。
 導入されるイオン交換基としてよく用いられるものは次のものである。
(1)強酸性基 スルホン酸基 -SO3H
(2)弱酸性基 カルボキシ基(カルボキシル基) -COOH、フェノール性ヒドロキシ基 -OH
(3)強塩基性基 第四アンモニウム塩基 -NH3OH
(4)弱塩基性基 第一、第二、第三アミン(-NH2、-NHR、-NR2
などがある。[垣内 弘]

用途

イオン交換がおもな用途である。陽イオン交換樹脂と陰イオン交換樹脂の作用を以下に示す。式中のRは母体。
●陽イオン交換樹脂
式(1)中和反応
R-SO3H+NaOH
   R-SO3Na+H2O
式(2)中性塩分解反応
R-SO3H+NaCl
   R-SO3Na+HCl
式(3)複分解反応
R-SO3NA+KCl
   R-SO3K+NaCl
●陰イオン交換樹脂
式(4)中和反応
R-NH3OH+HCl
   R-NH3Cl+H2O
式(5)中性塩分解反応
R-NH3OH+NaCl
   R-NH3Cl+NaOH
式(6)複分解反応
R-NH3Cl+NaBi
   R-NH3Bi+NaCl
 これらの式からイオン交換反応は平衡反応であることが理解できるであろう。[垣内 弘]

純水の製造と用水処理

現在、蒸留水の製造はイオン交換法によっている。それぞれのイオン交換樹脂の粒状のものをカラム(ガラスや金属製の筒。管柱)に充填(じゅうてん)しておき上部から食塩水NaClを流下させると、式(2)の反応で粒状の陽イオン交換樹脂にナトリウムイオンが固定される。流出水中には塩酸HClが残る。次に陰イオン交換樹脂を充填したカラムに流下させると、式(4)の反応で塩素アニオンが固定され、流出した水は純水になる。この逆の反応が海水からの食塩の製造であるが、現在ではより能率的なイオン交換膜を用いて行われている。
 用水処理とはエレクトロニクスや電力用の水処理である。天然水中ではカルシウム、マグネシウムなどの陽イオンや、炭酸水素イオンや硫酸イオンなどのほかにシリカやコロイド状有機酸が陰イオンとして考えられ、陰イオン交換樹脂で吸着または交換される。[垣内 弘]

その他の用途

イオン交換樹脂は、イオン交換を主とする用途と、固体触媒としての使用法がある。前者はすでに述べた純水の製造のほかに硬水の軟化、ホルマリン中のギ酸の除去、各種イオンの分離抽出(希土類元素、超ウラン元素など)、ビタミン、アルカロイド、アミノ酸などの抽出精製、めっき廃液中から重金属イオンやシアンイオンの回収などがある。触媒としての利用は、カチオン交換樹脂またはアニオン交換樹脂が、酸または塩基触媒反応の固体触媒となる。反応後の触媒の回収は濾過(ろか)ですむから反応生成物の精製が容易になる。[垣内 弘]
『小田良平・清水博著『イオン交換樹脂』(1950・学術図書出版社) ▽山辺武郎・妹尾学著『イオン交換樹脂膜』(1964・技報堂) ▽本田雅健他著『イオン交換樹脂』(1978・広川書店) ▽『テクニカルレポート イオン交換樹脂・膜の最新応用技術』(1982・シーエムシー出版) ▽北条舒正編『機能性高分子シリーズ キレート樹脂・イオン交換樹脂』(1984・講談社) ▽高分子学会編『入門 高分子材料――高度機能をめざす新しい材料展開』(1986・共立出版) ▽中村泰治・中谷一泰著『生化学の理論――ポイントと解説』(1993・三共出版) ▽西山隆造・安楽豊満著『はじめての化学実験』(2000・オーム社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイオン交換樹脂の言及

【機能性高分子】より

…したがって,その機能については特定の定義があるわけではなく,多様なものを含んでいる。歴史も古く最も代表的なものとしてイオン交換樹脂があげられる。そのおもな機能はもとよりイオンの交換であるが,これが高分子の構造形成機能(この場合,水に不溶の小粒子)と結びついて初めて実用的なイオンの分離ができる。…

【制酸薬】より


[局所性制酸薬]
 塩酸中和後も消化管から吸収されにくい化合物で,粘膜の被覆作用もある。酸化マグネシウム炭酸カルシウム,水酸化アルミニウムゲル,胃粘膜ムチン,イオン交換樹脂など。二次性酸分泌亢進は起こしにくく,制酸薬として好ましい条件を備えたものが多い。…

【反応性高分子】より

…この固定化の方法の一つは反応性高分子と酵素を反応させることである。 反応性高分子の反応そのものを利用する高分子材料の代表例はイオン交換樹脂である。イオン交換は高分子上のイオン交換基によって行われるが,その基の導入のために反応性高分子が用いられる。…

※「イオン交換樹脂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イオン交換樹脂の関連キーワードイオン交換体イオン交換膜イオンクロマトグラフィーイオン交換カラムイオン交換クロマトグラフィーイオン交換水イオン交換ろ(濾)過陰イオン交換樹脂脱イオン水イオン篩効果

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イオン交換樹脂の関連情報