エリザベス(2世)(読み)えりざべす(英語表記)Elizabeth Ⅱ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリザベス(2世)
えりざべす
Elizabeth
(1926― )

イギリスの国王。ヨーク公(後のジョージ6世)の長女として4月21日生まれる。1936年エドワード8世の退位に伴い、父が国王に即位したことにより、第1位の王位継承者となった。1947年11月エジンバラ公フィリップと結婚、父王の死で1952年2月国王となり、翌1953年6月、世界の耳目を集めて盛大な戴冠(たいかん)式を行った。国内での種々の公務をこなすとともに、しばしば国外に出て世界各地を訪問し、イギリスの外交に少なからぬ役割を果たしている。1975年(昭和50)5月に日本を訪れたのも、その外交活動の一環である。王室メンバーをめぐるスキャンダルなどで王室の権威が揺らぐなか、その立て直しに努め、2002年と2012年には即位50年目と60年目の祝賀が行われた。2015年にはビクトリア女王を抜いてイギリス史上最長の君主となった。夫君フィリップとの間にチャールズ皇太子、アン王女、アンドルー王子、エドワード王子の4人の子がいる。[木畑洋一]
『ロバート・レーシー著、浅井泰範訳『女王エリザベス』(1979・朝日イブニングニュース社) ▽サラ・ブラッドフォード著、尾島恵子訳『エリザベス』上下(1999・読売新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android