コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオセッカ Locustella pryeri; Japanese marsh warbler

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオセッカ
Locustella pryeri; Japanese marsh warbler

スズメ目センニュウ科。全長 13cm。背面は赤褐色の地に黒色縦斑があり,腹面褐色がかった白色で,眼上に黄白色の眉斑がある。ツメバケイに見られるような翼角(の曲がり)の爪が雛にも成鳥にもある。中国南部と日本にのみ分布し,2亜種に分類される。湖沼や川べりの湿生草原などに生息する。日本では,青森県秋田県で少数が繁殖し,千葉県で越冬しているが,近年茨城県の霞ヶ浦や千葉県の利根川河川敷などでも繁殖が確認された。繁殖期には雄が「じゅく,じゅく」とさえずる。日本にすむ亜種は環境省のレッドデータブックで絶滅危惧IB類に指定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オオセッカ

ヒタキ科の鳥。翼長5.7cm。日本の一部と中国東北部にのみ生息する極東の固有種。国内全体で1000羽程度しかいないと見られる。セッカに似てやや大きい。背は茶褐色で黒い縦斑がある。
→関連項目仏沼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オオセッカ【Japanese marsh warbler】

スズメ目ヒタキ科の鳥(イラスト)。中国東北部と日本のそれぞれごく限られた地域にしか分布していない珍しい種。確実な繁殖地は,現在では青森,秋田,利根川下流域からしか知られていない。全長約13cm,全体に赤みのある褐色をしており,体上面には黒い縦斑がある。ヨシやカヤツリグサ類からなる湿性草原で繁殖し,昆虫主食にしている。草むらの中を移り渡り,姿を見せることは少ないが,繁殖期,雄は草上から空中に短く飛び立ちながらよくさえずる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオセッカ
おおせっか / 大雪加
Japanese marsh warbler
[学]Megalurus pryeri

鳥綱スズメ目ヒタキ科ウグイス亜科の鳥。日本の東北地方で繁殖し、関東、東海地方で越冬する。また、中国の遼東(りょうとう)湾沿岸地方で繁殖し、揚子江(ようすこう)流域で越冬する別の個体群もある。日本では1935年(昭和10)宮城県で初めて繁殖が確認されたが数年後に消滅し、72年(昭和47)青森県、翌年秋田県で再発見された。全長約13センチメートル。上面は褐色で黒い縦斑(じゅうはん)があり、下面は白い。アシ、ススキ、ケカモノハシなどの密生する湿地を好み、地上近くの草の茎に巣をつくり、5~6卵を産む。繁殖期には、独特のさえずり飛翔(ひしょう)をする。草につく昆虫をおもに食べる。特殊鳥類に指定されている。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オオセッカの関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地ケカモノハシ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オオセッカの関連情報