オオタカ(大鷹)(読み)オオタカ(英語表記)goshawk

  • オオタカ(大鷹) goshawk

翻訳|goshawk

世界大百科事典 第2版の解説

タカ目タカ科の鳥(イラスト)。ユーラシア大陸と北アメリカに広く分布し,林縁や浅い林に好んですむ。北方のものは,短距離の渡りをする。冬は単独で暮らしているが,雌雄とも春には前年の巣付近に戻り再びつがいとなる。日本では本州中部以北で繁殖する。イギリスでは,ふつうに繁殖していたが,狩猟鳥獣を捕獲するのでハンターに敵視されて激減した。全長48~62cm。のほうがひと回り大きい。羽色は,背面暗褐色,腹面は白く細かい褐色の横斑がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオオタカ(大鷹)の言及

【鷹狩】より

…鷹野,放鷹(ほうよう)ともいう。猛禽類のタカ(オオタカハイタカツミ),ハヤブサ(ハヤブサ,コチョウゲンボウ),ワシ(イヌワシクマタカ)などを馴養して,これらに常食の鳥獣を捕捉させ,それを遣(つか)い手がとりあげる間接的な狩猟法である。猟犬のように獲物を狩人の手元に持ち帰ることはない。…

※「オオタカ(大鷹)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android