カブ(蕪)(読み)カブ(英語表記)Brassica rapa var. glabra; turnip

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブラナ科一年草または越年草。植物学上はアブラナハクサイと同一種とされる。日本には中国またはシベリアから伝来したとされる。古くから栽培されており,『日本書紀』(720)には持統天皇カブの栽培を勧めたとする記載がある。古名はスズナといい,春の七草の一つ。根生葉は長楕円形で鋸歯の大きさはさまざま。下部が細い有翼の葉柄になる。根との一部が肥大し食用となる。白色のものが多いが,紅色,淡緑色,上部のみ紅色などもある。小カブ,聖護院カブ近江カブなど多くの品種がある。低温で花芽をつくり,春,高さ 1mほどの花茎に,総状の黄色い 4弁花を多数つける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android